HOME>注目記事>まずはどのような仕事の種類があるのかを知ろう
マンガを読む

職にも様々な種類がある

日本ではアニメが文化といわれるほど、海外でも広く日本のアニメが知られるようになっています。その影響もあり、将来アニメにかかわる職業に就きたいという人も増えています。もし職業に就くためにはどうすれば良いのか、アニメ関連の仕事もいろいろとあるため、よく知ることが大切です。アニメには、原作、背景画、CG、作画、彩色、音響、声優など、さまざまな種類があります。1人でいろんな種類の職業をやりこなす人もいますが、そのような人は1つの専門スキルを高く持っている人に限り、突然初歩からあれもこれもと学べるほど簡単なものではありません。まずは、どの種類の専門を学びたいのか自分で判断し、選ぶことが必要です。そして、自分で選ぶことができれば、その種類を学ぶことができる専門学校を選んで、高校から進学する人が多くいます。

職に就くための方法

しかしアニメ関連の職業に就くためには、高校を卒業してから専門学校へ必ず進学しなければならないのかといえば、決してそうではありません。ですが多くの企業は、専門学校を卒業した人材を選ぶことが多くあります。専門学校に通っている間に、それぞれのアニメーション会社からの説明会が開催され、それに参加して企業にアピールする生徒もたくさんいます。そのため、専門学校に通って学ぶのが優先的な方法といえます。しかしほかにも、独自でアニメーションを学び、インターネットの動画サイトでオリジナルの作品を投稿して、それが企業の目に留まり企業からオファーを受けて職に就く人もいます。しかしそのためには、かなりの努力が要されます。たくさんオリジナルの作品を投稿し、いろんな人の目に留まらせるようにするだけでなく、それなりの画力も要されるので、時間と忍耐も大事になります。どの方法を選ぶかは人それぞれなので、甘くない世界ではありますが、納得できる方法でするのが良いかもしれません。